保健師の【求人探し・採用対策】丸分かりナビ

保健師の採用決定までの道のり『求人探し&採用対策の最善ルート』

保健師は求人探し・転職活動が難しい職種の1つです。

1.基本的にどの職場も採用枠が少ない
2.求人の中に看護師としての採用情報が紛れている
3.良い求人はすぐに募集枠が埋まってしまうので、応募のタイミングを逃しやすい

 

これらの「保健師ならではの転職活動の難しさ」を上手にクリアしていくためには、一人で転職活動を進めようとせずに、転職支援サービスをしっかり活用することをおすすめします。

 

当サイトでは、各保健師向け転職支援サービスの特徴や選び方を解説しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

転職支援サービスを活用するメリット

少ない手間で多くの求人を入手できる

一ヶ所に多くの求人が集まっており、求人紹介型の転職支援サービスの場合は自分で求人を探す手間も省くことができます。募集がすぐに締め切られてしまう人気求人を逃してしまう心配もなくなります。

疑問や不安をいつでも相談できる

アドバイザーに気になったことをいつでも相談できるので、安心して転職活動を進めることができます。特に未経験の職場への転職では強い味方になってくれます。

面接や履歴書のサポートを利用できる

アドバイザーによる採用対策サポートを受けることで、確実に採用率をアップさせることができます。希望者のみのサービスですが、必ず活用することをおすすめします!

 

 

 

 

保健師に特化した転職支援サービスってあるの?
厚生労働大臣の認可を受け看護師・保健師・助産師の転職支援を専門に行なっている人材紹介会社によって運営されています。インターネットからの登録や求人検索が可能なので、転職サイトや求人サイトと呼ばれています。

 

  • 保健師の求人が最も多く集まる求人媒体(非公開求人あり)
  • 医療・福祉業界の転職アドバイザーによるサポート(面接練習、履歴書添削など)
  • 登録・利用が全て無料

 

保健師が登録するならココ!実績トップの大手3サイト

※厚生労働大臣の認可運営 ※プライバシーマーク取得 ※すべてのサービスが無料

 

この3つの条件を満たし、安心して利用できる転職サイトのみ掲載しています。

 

「とりあえず求人を見るだけ」「まずは就業相談だけしてみる」など自分の都合に合わせて利用できるので、本格的な求人探しのスタートが未定の方でも前もって登録しておくことが可能です。情報収集などにも上手に活用していきましょう。

 

対応エリア:全国

看護のお仕事

口コミ評価急上昇の転職サイト!

 

IT・Webメディアの分野でも知られているレバレジーズが運営する看護職向け転職サイトです。

 

若い転職サイトですが、求人の充実度や丁寧なサポート、公式サイトの機能の使いやすさなどで評価が高まっています。

 

公式サイト/無料登録ページ

対応エリア:全国

マイナビ看護師

サポート満足度No.1の転職サイト!

 

大手人材紹介会社マイナビグループが運営する看護職向け転職サイトです。

 

特にサポートの丁寧さに定評があり、長年にわたって利用者満足度96%以上をキープしています。じっくりサポートを受けたい方におすすめです。

 

公式サイト/無料登録ページ

対応エリア:首都圏(東京・埼玉・神奈川・千葉)

ベネッセMCM

首都圏限定、非常勤の求人も充実!

 

ベネッセグループが運営する看護職向け転職サイトです。

 

対応エリアが限られていますが、その分エリア内の求人カバー率はトップクラスです。非常勤の求人も豊富です。

 

公式サイト/無料登録ページ

 


メモ:保健師向け転職サイトの多くは非公開求人というシステムを導入しており、人気が高く応募が殺到してしまうような求人を登録者限定で紹介しています。産業保健師や学校保健師をはじめとする希少求人や、待遇面で優れている求人がこの非公開求人として扱われています。

 

代表的な保健師の求人一覧

行政保健師

行政保健師の仕事は多岐に渡ります。近年増加している高齢者への対応、児童における問題(家庭における虐待なども含む)、母子家庭・妊産婦への対応、果ては国保関連事項などの事務仕事などもあります。

 

公務員であることから給与・待遇などの安定性に優れていて、行政保健師になりたいと考える方はとても多いようです。しかし、保健師の採用枠というのはとても少ないです。各自治体の求人を見ても「若干名の採用」というケースがほとんどであり、競争率もかなり激しくなっています。産休代替やパートでの募集もたまに見かけますが、やはり行政保健師になるのはなかなか大変なようです。

 

産業保健師

企業の人的資源である社員の健康は、企業にとって何にも代え難いものであり、専門的立場から保健活動を行える産業保健師の需要は年々増加傾向にあります。

 

しかし、とても人気が高い職種なので、採用の競争率や求人入手難易度は軒並み高い傾向にあります。

 

企業保健師

産業保健師と混同されることが多いですが、企業における産業保健以外の分野で活躍する保健師を企業保健師と言います。

 

例えば、コールセンターに務める保健師。電話相談業務を通して人々の様々な健康相談に対応できる業務は、保健師の能力を如何なく発揮することができるでしょう。

 

他にも、治験に関わる仕事である治験コーディネーターは、新薬開発に貢献できるやりがいのある仕事ですし、医療機器の販売・プレゼンテーションを行うクリニカルスペシャリストは、活動的に仕事をしていきたい保健師には向いている仕事です。

 

学校や保育園への勤務

小中学校や大学の医務室に勤務している保健師もいます。

 

これからの日本を背負っていく子供たちの健康管理を行なっていく学校保健の現場は、とても充実した勤務場所です。

 

大学勤務の場合は、全学生と全ての教職員の健康管理をしていくのは大変な面もありますが、安定した収入・待遇はとても魅力的です。また、子供が大好きな保健師の方には保育園勤務もおすすめできます。子供と共に過ごす日々はとても充実したものになるでしょう。

 

健診機関

健診センターなどで健診業務を専門に行う仕事も人気の転職先の1つです。

 

健康診断を通して、様々な人々の生活や食生活へのアドバイス・指導など、保健師としての経験・知識を存分に発揮することができる仕事です。

 

転職・復職をお考えの保健師さんへ

保健師の活躍の場は沢山あります。自分が思ってもみなかったところで理想の働き方が見つかるかもしれません。

 

まずは、保健師の求人に定評がある転職サイトに無料登録して求人を見てみるところから始めてみましょう!

 

 

各方面で保健師の需要が高まっています。保健師資格を持っている方にとって、その能力を活かす職場は本当にたくさんあります。

 

保健師としての知識・能力を活かせる職場、本当に働きたいと思える職場を探していけたらいいですね。求人探しスタートのきっかけに当サイトの情報を役立てて頂けたら幸いです。

 

保健師の【求人探し・採用対策】丸分かりナビ 運営一同